a day in the life

ホーム > Travel > 箸と海と猿とウミガメ

2010.07.15 Thu 箸と海と猿とウミガメ

屋久島での出来事。


3日目。
この日の予定は、夜のウミガメの産卵見学だけ。
朝から適当に島一周する。

まず、予約もせずに、屋久杉での箸作り体験に行ってみる。
意外と簡単にやらせてもらえた。

母材となる杉はすでに2本そろった状態であり、
ノミを使って先端の4面を長さ100mmぐらいナナメに取って、
その四角を面取りする。
そして、ゴシゴシ磨くと樹脂が溶けてツヤが出る。

母材は数種類の中から選べる。
かおりんぼは短めで若干曲がった味のあるヤツを。
俺はちょっと色が黒っぽいヤツを選択。

本当は、削りすぎずに、母材の味を残すような感じで
四角の角がちょっと取れた八角形が良いのだろうけど、
性格か、途中でやめられない・・・。
結局ほぼ丸くなるような感じまで削ってしまった・・・。

まぁまぁ良しとしよう。




途中、『ペイタ』というパン屋で昼飯を食い、
尾之間温泉で足湯に入り、目指すは栗生の潮溜り。

上半身裸になり、少々海で遊ぶ。
小魚が見えるのはいいけど、
ザザムシ的なヤツがわさわさ居るのを見ると鳥肌・・・。


次は『大川の滝』
かなり滝つぼの近くまで行けて
水の勢いによる風がすごい。
マイナスイオンを通り越してしっとり濡れるくらい。


そして西部林道を通り永田浜へ。
この西部林道は、屋久杉のガイドさんが言うには
屋久猿や屋久鹿がいっぱい居るとのこと。

屋久杉登山時に、鹿はいっぱい見たので
猿はどこかと探していたが、なかなか居ない。

何だよ・・・。と思っていたら、
カーブの先に、居るは居るは20匹ぐらいの大集団。

こんなに居るとコワイんですけど。

クラクション鳴らしたって退きやしない。
無理無理に進む。

もうちょっと小出しでいいよ。



そして着いた永田浜。

夜にここでウミガメの産卵を見る予定。
天気は何とか持ちそうだな。

砂浜には不自然なくぼみや、怪しげな足跡が。
コレはウミガメの産卵あと?



一旦宿に帰り、一っ風呂浴びて夕飯を食べ、再度永田浜へ。
浜の前ではウミガメ産卵見学のためのレンタカー渋滞が。


この日は人が多く80人ぐらいの参加者。
ウミガメには光がNGなので、真っ暗な浜を
80人一列になって歩く。

びっくりするほど近くでウミガメの産卵が見られた。
しかし、何も知らずに夜の砂浜であんな大きな生き物が
うごうご居たら怖いよ。

まぁ、亀は足が遅いからいいけど、
あのサイズで俊敏だったらって想像すると・・・。


ウミガメの産卵をたっぷり見た後、
星空があまりに綺麗だったので
宮之浦港に行って寝転ぶ。

すごいな。天の川が見えるよ。
実家でも十分夜空は綺麗だけど比じゃないな~。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可