a day in the life

ホーム > Travel > 韓国 3

2011.07.17 Sun 韓国 3

blog_import_4e61d4e23adc4.jpg

7月15日

今日の朝飯は『ソルロンタン』
24時間営業の『神仙ソルロンタン』へ


ここは昨日の焼肉屋に行く途中のお店。
初めて食べるソルロンタン。
牛ダシスープにゴハンを入れて食べる雑炊みたいな感じ?
麺を入れるパターンもあるらしい。
普通のと、餃子入りを注文。

テーブルの横に、牛丼屋の紅ショウガのように
キムチとカクテキが置いてある。


これも美味い!
普通のやつは牛肉多めだけどあっさりと。
餃子入りはこの餃子がでかくてうまい!

あ~、飲んだ後に食べたいなこれ。

途中でキムチを入れたりしながら
味を変えつつ楽しむ。


>満足しつつ、昨日行けなかった『宗廟』へ。
こちらも無料の日本語ガイドがある。

こちらは世界遺産。
キムチは世界遺産にはならないだろうな、多分。


その後、東大門へ。
まだ開いていない店もちらほら。
夕方くらいから本格始動なのかな?

問屋街のようなとことか
革製品とか、ファッションビルとか・・・。



その後、カンジャンケジャンを食べに
『プロカンジャンケジャン』へ。

こちらは日本にも支店が出来たほどの有名店。
つい先日かおりんぼが行ってきたので、食べ比べ。
俺は初めて。


カンジャンケジャンは『渡り蟹の醤油漬け』
生で食べるのだが、これがとろけるような質感に。

美味い!これはビールが進む!

しかし残念なことにこの店は生ビールが無い。
店員さんに、唯一話せる韓国語
『センメッチュ チュセヨ』=『生ビール下さい』が通じたが、
『○△×センメッチュ、ピョンメッチュ』
=『生ビール無い、瓶ビール』(多分)って言われた。

blog_import_4e61d4e40ce50.jpg

ちゅぱちゅぱ吸い付いてカニ肉を食べ
甲羅に残った味噌と卵とタレにご飯を混ぜて
それを韓国海苔で巻いて食う。

これが美味すぎる。

カンジャンケジャンと一緒に
カニ味噌ビビンパも頼んだのだが、
こちらも甲乙つけがたい。

いやぁ、初めて食べたけど、おもしろい食べ物だ。


その後、一応免税店を覗きに明洞へ戻り、お土産を物色。




夜は8時から『NANTA』を予約してあり、
夕飯はその後になるので、ちょいとお茶休憩。

ローカルなカフェで生クリームたっぷりのハニートーストをいただく。
コンビののバイトのような店員でさえ日本語が通じるのに
ここはなぜだか通じず、英語で会話。


一旦ホテルへ戻り、荷物を置いて『NANTA』へ。

ベタな笑いなんだけど、言葉が分からずとも伝わる面白さ。
結構客いじりもあって、ほんと面白かった。

そして、舞台が終わったあと、急いで『全州中央会館』へ。
ここは石焼ビビンパ発祥の地。
舞台が終わったのが21:30過ぎたくらい。
この店のラストオーダーが22:00。
間に合ってよかった。


頼むのはもちろん石焼ビビンパ。
それとビビン麺。

うん、石焼ビビンパ、普通に美味い。

blog_import_4e61d4e5d881e.jpg

想像を超えるものではないけど、美味い。
ビビン麺も美味しいけど、こっちはもっと辛くてもいいんだけどな~。


食道楽目的のこの旅行、
かおりんぼの下調べのおかげでメシのハズレ無し!
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可