a day in the life

ホーム > 未分類 > ダ・ヴィンチ

2007.05.12 Sat ダ・ヴィンチ

東京国立博物館に
『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像』を
見に行く。

飾ってある本物は『受胎告知』のみ。
(だったと思う)
その他はダ・ヴィンチの手稿やら
発明品やらが紹介されていた。

第一会場で『受胎告知』が
第二会場でその他のモノが紹介されていたのだけど、
『受胎告知』の解説が細かくされていて
それを知ってから本物が見たかったよ…。

第二会場にあった
楕円コンパスって何のために必要だったのかな?
ベアリングを考えていたとは知らなかった。

ウィトルウィウス的人体図とか
人間とか動物をやたらめったら
比率で分けようとしていたのはなんでかな?
そうすることで何かをわかろうとしていたのかな?
それとも絵を描くだけのバランス?

第二会場が予想以上に広く
3時間ぐらい居たかな?
最後の方に展示されていた
『最後の晩餐』の頃にはもうヘトヘト…。

美術館ってはじめて行ったかも。
体力無いと見れないな。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可