a day in the life

ホーム > Touring > 東北ツーリング その2

2009.09.08 Tue 東北ツーリング その2

9月5日
朝5時に放送が入り、秋田港で下船する人たちは起こされる。
苫小牧まで行く人には迷惑な話だな。


ささっと顔を洗い、歯を磨き
甲板に出てみるともう湾内に入っている様。
あれが男鹿半島かな?

荷物をまとめて出発の準備。
秋田で降りる人は少な目のようで、
結構あっさり下船できた。

さぁさぁさぁ、下船後、
目的地を男鹿半島の先端『入道崎灯台』にして
東北ツーリングのスタート!

キーを回すとメーターにエラーメッセージ?
なにこれ?

別にEgもかかるので気にせず出発。
するとトリップメーターが0.0に。

あれ?これがエラーなのかな?

しばらく進むとカウントは上がる。しかし、
ふと気づくとまた0.0に戻っている。
いかん、給油のタイミングが分からなくなってしまう。
オドメーターに切り替えると、こちらは無事に動いていた。
距離を記憶しておく。
ま、X-4が大体同じタイミングで給油だから大丈夫でしょう。

男鹿半島を時計回りに回る道は、
海岸線なのに山道のような道が続く、信号も無く、車も居ない。
ほとんど止まることなく走り続ける。
その昔、北海道に行った時、フェリーで小樽に入り、
そこから宗谷岬を目指したときを思い出す。
あの時もほとんど止まらず走ったな。

小一時間走りっぱなしで『入道崎灯台』に到着。
灯台に登れるはずがまだ閉まっていた。


ここで朝飯。
『ざっぱ汁定食』これがうまい。
簡単に言うと魚の味噌汁なんだけどね。

朝飯を食べていると、だんだんバイクや車、観光バスがやってくる。
よくよく見ると、そのほとんどが一緒にフェリーから降りた人たちだった。


おなかがいっぱいになったところで、
『なまはげライン』を通り、寒風山へ。

先を急ぐツーリングなので、寒風山は上らなくても
いいかなと思っていたのだけど、展望台に着いたら
その景色に来て良かったと思った。


秋田方面を見て、向こうに見える山が鳥海山かな?
上のほうは雲がかかってるな。
それに結構距離あるね…。


寒風山を下り、R7でR107まで行き、
県道を乗り継ぎ『鳥海ブルーライン』で鳥海山を目指す。


またこのR7が長い!
信号がほとんど無く、良いペースで進んでいるはずなのだが
なかなか着かない。
ツーリングマップル東北版って、関東版と尺度違うってこと無いよね?


Breva V750・CB1300と離れ、
こちらはナビ付きX-4に着いて行き、
無事に『鳥海ブルーライン』を通り、鉾立展望台へ。
この道はなかなかの巻き込み具合で疲れてしまった。



しばらく展望台で待つが、後続の二人が来ない。
これは道に迷ったかな?


CB1300は道を何度も間違えたらしく、かなり疲れて到着。
気が抜けて斜めになってる駐車場で立ちゴケし、
クラッチレバーがポキッ!



予定よりぜんぜん遅れているので、ここで作戦を練り直す。

まずはクラッチレバーを何とかしないといけないので、
鳥海山を下ったら、酒田の街でホンダ店を探そう。
そして修理が終わったら、高速で一気に『山形蔵王』へ行ってしまおう。


昼飯後、かろうじてクラッチに指2本はかけられるので
『道の駅鳥海』まで下り、近所のホンダ店に電話するが物が無い。

そこで、CB1300と互換性のあるX-4は赤男爵で購入したものなので
赤男爵の会員?のX-4が折れたことにして、
近所の赤男爵に聞いてみると、少し曲がった中古品ならあるとのこと。

CBとX-4のクラッチレバーを交換し、赤男爵へ。
交換は自分でやるといい、結果1500円でレバーを入手。
これはラッキーだった。



山形自動車道 酒田ICから乗り、山形蔵王を目指す。

その中間部分は地図を良く見ていなかったので、
湯殿山ICで一旦一般道に下ろされたのにはびっくりした。

山形自動車道はなんだか細切れに料金を徴収されるし、
一般道経由するし、ほんとETCがあってよかった。


ほとんどの範囲が片側一車線の対面通行だったので、
みんなに遅れることも無く山形蔵王ICに到着。

このころにはトリップメーターが復活。
たぶん昨日の大雨でメーターに水でも入って
それが乾いたから直ったのだろう。


ここらで16:30くらいだったかな?
西蔵王高原ラインを上り、エコーラインを走る。
途中から雲の中に入り、温度もどんどん下がってくる。
宮城に入って蔵王ハイラインを上って御釜を見ると真っ白。

まぁ、山形蔵王ICから見上げた山には雲がかかっていたし、
エコーラインの途中から雲の中だったからそうだと思っていたけどさ。
下は晴れていたから少し期待していたんだけどな。残念。



御釜も真っ白だったけど
ここからの下りのほうがひどかった。
10m先はまったく見えない状態で
先行車のテールランプだけを頼りに走る。
雲(霧?)を抜けたときはほっとした。


白石ICから東北自動車道に乗り、
偶然にも、宿で合流するはずの車での参加者にも
高速で走りながら合流し、福島飯坂ICで下車。
宿泊予定の飯坂温泉のホテルに無事到着。


『トクー!トラベル』で安く予約したホテルは
結構立派なホテルで、夕飯に米沢牛も出て大満足。

この写真の後にも鮎が出たり蕎麦が出たりと腹いっぱい。

その後、ゆっくり温泉に入り、くつろぐ。



いやいや、東北は広い!さらに計画が甘かった。
そして高速を多用したため、振動で右手首がやられたなぁ。
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可