a day in the life

ホーム > 2012年10月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.14 Sun 新人と看板

会社の新人がバイク乗り、
ということで誘ってツーリングへ。

マシンは何かと言えば『Ducati 1098S』

IMG_2854.jpg

ノーマルなのに、豪華パーツてんこ盛り。

IMG_2852.jpg

そしてスイングアームにチェーンが通っちゃったり
ワイヤリングが標準だったり。すごすぎる。


IMG_2858.jpg

排気量の大小、ON/OFF、国産外車、入り乱れてのツーリング。

コースは前に一人で行ったこんなルートで。

天気には恵まれたけど気温的にはギリギリかな?


1098Sは久しぶりの長距離らしく、ギクシャクしてたけど、
タイヤの端っこ溶けてるからね~。
本気出したらまったくついて行けないだろうな。

しかしこのバイクアイドリングがうるさすぎw
信号待ちで会話もままならない。



こんなに違うものかねぇ。

IMG_2860.jpg

久しぶりにしっかり走って疲れちゃった。




が、せっかく看板が出来上がったので届けに行く。


ブタのデータをもらって、サビサビの鉄板をガス溶断でカット。
そうすると縁がギザギザになって雰囲気が出る。
その表面のサビを落とすと不規則な凸凹が出る。
それを焼いて黒くして、艶消しのクリア塗装で仕上げ。

IMG_2847.jpg

良い感じ!

ホームセンターで取付用のチェーンを買って『vini e cibi BANCO』


贈呈式

IMG_2866.jpg

入口のテント下に早速取り付け。

IMG_2867.jpg

作っていた時はでかいと思っていたけど
ぶら下げてみればこじんまりだな。
まぁ、良いサイズでしょう!

IMG_2873.jpg

コルクも順調に貯まってきているな。
スポンサーサイト

2012.10.18 Thu ショートブレーキペダル6

ショートブレーキペダルを購入していただいた方から
メールをいただきました。

あまりにもうれしいのでここに転載させていただく許可をいただきました。


--------------------------------------------------------------

本日ショートブレーキペダルを装着した1200Sを試乗しました!
率直な感想ですが、めちゃくちゃブレーキ操作がしやすくなりました!
試乗した感じですが特に不具合はありませんでした。
踏んだ感じも重くなかったですし、戻りもスムーズでした。
何よりエンジニアで乗っていてそのままブレーキを踏めるのがこんなに楽だとは、、、
以前はステップから足をずらして踏んでいましたからね。

それと純正のブレーキペダルはステップより
ちょっと内側ある為につま先を内側へ向けなければなりませんでした。
(自分の1200Sだけかもしれません)
ショートブレーキペダルはそのまま真っ直ぐ踏めるのでとてもいい感じでした。

かれこれ1200Sを10数年乗っていますが、
今までの10数年は何だったんだろうとすら思います。

ショートブレーキペダルの売れゆきはどうですか?
スポーツスター乗りでペダルが遠いと感じている人は結構いると思うんですよね。


この度は色々とありがとうございました。
大切に使用させていただきます。

01.jpg

02.jpg

--------------------------------------------------------------


いや~、嬉しい限りです!

何よりもまずは無事に装着出来、
不具合も無く動作しているようで、一安心。



元々、ジョッキーのショートブレーキペダルは知っていたけど、
ハンドル、タンク、シート、マフラーと、
大きいところに目が行きがちで、
なかなかここに手を付けられないでいた。
ステップスペーサーまでは自作したんだけどな~。
(コケて壊しちゃったからだけど…)


02年式の883なので、そんな感じでいたらもう10年。
やっとこう言う所に手を付けられる余裕が出てきた時には
ジョッキーでは品切れ…。
そりゃそうだ。04年にモデルチェンジしちゃったもんね。


これはもう作ってしまうしかない!

自分だけなら削り出しでも良かったのだけど、
sinさんの協力を得たおがけでアルミ鋳造品になり…。


と言った感じで、なんとか製品化したこのショートブレーキペダル。
共感していただける方が居て本当に嬉しい!
この度はありがとうございました。




さて、気長に共感してくれる人を待つとしましょう!w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。