a day in the life

ホーム > 2011年07月

2011.07.03 Sun 富士吉田うどん

梅雨の合間を縫ってツーリングへ。

メンバーはCB1300と、X-4が車検中で代車のDR-Zとの3台。
コースはこんな感じ

前日の天気予報では降水確率50%
まぁ、梅雨ですから。


R16x新青梅のマック集合。
あと1kmもないところで雨に合う。

あれ?これ以上山に向かうと雨なのかな?


集合し、話を聞くと、
埼玉側からでもピンポイントで振られたが
大したことはないとのこと。
すでにここの雨も止んでいるし。


まずは『道の駅あしがくぼ』目指して出発。

信号で止まるとDR-Zの聞きなれない排気音が。


途中ピンポイントで雨が降ったりやんだり。

しかしあまりの雨の強さに、カッパを着込む。
でも上だけでいいかな?ってぐらい。

道の駅に着くころにはもう降っていないし。
blog_import_4e61d4f5cf0fa.jpg

やはり天気のせいかバイクが少ないなぁ。
お次は雁坂トンネルを抜けて『道の駅みとみ』まで。

R140が思った以上に混んでいて、
なかなかペースが上がらずイマイチ。
しかもトンネルの中寒いし・・・。


しかしトンネル抜けたら見事なまでに晴れ!
あぁ、溶ける。

ここまで来たらカッパは不要。

次は河口湖を目指して御坂みちを快走。
トンネルを抜けて、晴れてはいるが雲が多く、
富士山は見えない。


昼飯をどうするか、その場で調べて
ほんとスマホって便利だわ。
富士吉田うどんの『麺許皆伝』へ。


着いてみると人気店らしく、行列。
まぁ、どこも並ぶのだろうとそのまま並ぶ。

思ったより店内が広く、客の回転も良い。
20分ほど待って入店。
オーダーは自分で紙に書くというシステム。

全部のせで550円とか、安いなぁ。
俺は『肉天つけうどん』

blog_import_4e61d4f79de7b.jpg

天ぷらデカ!
吉田うどん独特の太く硬い麺でおなか一杯。


お次は山中湖を回って『道の駅どうし』まで。

山中湖周りはやはり混んでいるが
道志道は快走。

道の駅は、いつもよりは少ないが、バイクはそこそこいる。
近所からちょっと来られる人は良いよなぁ。


ここまで来ると暑いくらい。
梅雨のツーリングとしては上出来でしょう!


ここから道志道と県道76で相模湖ICを目指す。
先頭はDR-Z
ここへきて、だいぶ乗りこなせてきたらしく
アグレッシブな走りを見せる。
おぉ!SPADA時代を彷彿とさせる走りだ!

遅れをとるわけにはいかん!と
がんばって着いて行く。

うん、後ろから見てても楽しそうだ。

この頃X-4の重たさに辟易していたらしく
セローあたりを増車しようかと検討中だったので
DR-Zはかなり気に入った様子。

でも高速がつらいなぁ、ケツが痛いなぁ、
と、ぼやきつつも、かなり心が動いたと思うので
DUCATIの『ハイパーモタード796』とか
BMWの『F650GS』とか『F800R』とか
MOTO GUZZIの『V7』とか勧めてみよう。

ってか、俺が乗ってみたいだけだけど。
このクラスは外車ががんばってるんだな。

blog_import_4e61d4f966cdb.jpg

相模湖ICから中央道で帰宅。
高井戸で降りて、『ワシントンハウス』へ。
VANSONのグローブサイズを確認しに行ったら
一番小さいのはSサイズとこのと。XSって無いんだ・・・。
スマクロで聞いたときはXSもあるって話だったんだけどな。
Sサイズじゃ、指が短いからぶかぶかなんだよね。
レディースは大きさは変わらず、細くなる感じらしい。

またスマクロ行って聞いてみよう。


帰宅後、洗車。
ダートラシートはメットまで泥が飛ぶ。

ざざざっと洗って終了。

で、最近気になるオイル漏れ。
漏れってほどではないかな?にじみ?
1~2週間放っておくと、一滴垂れてるといった具合。
なので、出所がよくわからん。

去年の車検時にプライマリーカバーのガスケットは
交換してもらったから大丈夫だと思う。

まぁまぁ様子を見ましょう。
スポンサーサイト

2011.07.11 Mon オッサン化炭素中毒

先週の土曜日。
ひょんなことから前職で一緒だった4人でゴルフへ行くことに。


まぁ、こんな機会があったので
今までのクラブを後輩に譲り、
ヤフオクで中古セットをポチ。

blog_import_4e61d4f32314e.jpg


そして2回ほど練習へ。

ドライバーが変な音してイマイチ・・・。
『ぱっこーん』って間が抜けてるんだよね。
『カキーン!』って言ってほしいのに。

アイアンは打ちやすい。
けど、変なとこ当たっても手がしびれるような
痛さが伝わってこないので
これで練習しててもうまくならなそう。

いつも行く練習場は狭く、高さもない。
どの番手がどこまで飛ぶのかさっぱりわからんが、
まぁ、そこは本番中になんとなくわかるでしょう。



久しぶりに前職の仲間と会い、
緊張感もないラウンド。

結果、48・53の101。
100切れるかと思ったが、まぁ、こんなもんでしょ。

友達だけで行くと緊張感がないけど
それはそれで楽しいな。


その後、そのメンバーで焼肉屋で食って飲んで。
それぞれの仕事の話などしてね・・・。



まぁ~、絵に画いた様なオッサンだ。
実際もうオッサンな歳だがね・・・。

2011.07.17 Sun 韓国 1

かなり久しぶりの韓国へ。
前職での出張以来、10年近いか?
プライベートでは初めてだったりする。


夏休みを兼ねて食道楽ツアー。
現地でのツアーにも参加せず、
自分で行きたいところは地下鉄に乗っていくことにする。


2泊3日くらいでいいかと思って探してみると、
だいたい最低の値段が表示されているのだが
それは夜発朝帰りの結果一日しかないようなもの。

滞在時間を延ばす飛行機の時間を選択すると
結局3泊4日と変わらない価格に。

空港は羽田→金浦を考えていたので
羽田ならば、1時間チョイで行けるから
出発・帰国を夜にして、3泊4日に決定。


初日7月13日。

午後半休で一旦帰宅。

羽田の国際線は初めてなので
ちょっと早目に行ってみる。
モノレールで国際線ターミナルに降りる人は少なく
空港もかなり空いている。
世間の夏休みにはちょっと早いからかな?


が、早く着いても、特に何もなく・・・。

プラネラリュウムカフェなるものがあったが、
上映時間が合わず・・・。


適当にぶらぶらと時間をつぶし出国へ。

やはり機内食はうまくなく、
もらった韓国ビールもちょっと癖がある感じ。
あれ?こんなんだったかな?

フライト時間は2時間かからなかったんじゃないかな?
映画も途中でもう到着。
電車で実家に帰るより早いのでは?


あっという間に韓国へ。
雨が降っているせいかキムチ臭さはないな。

ツアーのワンボックスでホテルに到着。
チェックインをしてくれたガイドさんが『ラッキーですね』と。
なせだか部屋がジュニアスイートになっていた。

部屋に行くと、ベッドルームとは別にリビングが!
ソファーでくつろげる部屋があるのはありがたい。
ホテルなんて寝るだけだからと
いつも大して気にしたことなかったのだけど
これは良いなぁ。



早速、韓国飯を食べに行く。
地元の食堂で、海苔巻き、冷麺、プデチゲをいただく。

blog_import_4e61d4f0a876f.jpg

飲み物は自由だから隣のコンビニで買ってくる。

海苔巻きも冷麺も美味いが
プデチゲは簡単に言うと『スパム入り辛ラーメン』だった。
鍋はちゃんとしたところ行って食べないとダメかな?



まぁまぁ、初日はこんなもんでしょう。

2011.07.17 Sun 韓国 2

7月14日

今日の予定は『景福宮』『宗廟』の観光へ。
朝飯はお粥の有名店『味加本』へ。
こちらは今が梅雨らしく、朝から雨。

まぁ、知っていたので靴はダナーライトで行ったが
これが大正解。
ゴアテックスってスゲーな。
どんな土砂降りにも全く濡れない。


『味加本』はホテルから歩いて10分程度のところ。
入店時にはまだ空いていたけど
食べてるうちに満席に。
『アワビのお粥』『タラバガニのお粥』をいただく。

blog_import_4e61d4e8bcabf.jpg

おぉ、噂通り美味しいぞ。
朝飯にはちょうどいい。
日本でお粥なんて食べることないからね。
風邪ひいたって食べないし。


で、電車に乗り『景福宮』へ。
入場料はかかるが、無料の日本語ガイドがある。

ガイドについて1時間くらい見て回る。
雨が降ってなければもっと良かったのだが、仕方がない。


こちらの雨もゲリラ豪雨的な降り方をする。
しとしとと降る梅雨の雨とはちょいと違う。


お昼はここから近くの参鶏湯の有名店『土俗村』
韓国旅行の口コミサイトでも、
観光地、グルメ全ジャンル含めて一位。

かなり期待していくと、雨の中なのに大行列!
しかも観光客だけじゃなくって
ローカルがかなり並んでいる。

あまりの雨と行列に心折れそうになるが、
コンビニでビニール傘を買い足し、並ぶ。

結局3~40分くらい並んで入店。
オーダーは『白』=普通の参鶏湯と『黒』=烏骨鶏の参鶏湯。


なんだか周りの韓国人が文句を言っている。
どうやら生煮え?ぬるい?らしい。

ちょっと不安・・・。


さぁ、来た来た。

blog_import_4e61d4eabc1b6.jpg

烏骨鶏はほんとに黒いぞ。

うまっ!
参鶏湯ってちゃんとしたの初めて食べるけど
うまっ!

白と食べ比べると、肉の鳥臭さが烏骨鶏のほうが少なく
肉の味がよくわかる。

確かに白・黒で温度差があり、ちょっと残念だったけど
これは美味い!並んだ甲斐がある。
感動もののうまさだ。



あまりの土砂降りと濡れた服に
『宗廟』の観光はあきらめ、途中お茶してから一旦ホテルへ。

iPhoneを使い、夜の予定の焼き肉店の予約を取る。
便利だ。海外パケホーダイ。


またホテルを出て、明洞の街をぶらぶら。
お土産を物色したり、屋台を覗いたり。



そこでマッサージへ行くことに。
街で何枚もマッサージのチラシをもらい
それをネット調べ、そのうちの一つに行ってみた。

入店すると、詳しい話を聞くまでもなく
靴を脱げ、着替えろ、足湯につかれ、と催促の嵐。

まだロッカーほかの人使ってるし、
マッサージのベッドもいっぱいじゃんよ。

かおりんぼはフットマッサージ、俺は全身マッサージ。

結果から言うと、あんまりよくなかったな…。
大胸筋までほぐそうとするから、かなり痛いし、
おっさんに胸もまれて笑っちゃったよ。



そして焼き肉『景福宮』へ
観光地と同じ名前だけど場所は別。

blog_import_4e61d4ee33ac1.jpg

骨付きの生カルビが食べたかったので
生カルビ・ロース・味付けカルビ・あばら肉・ミノのセットをオーダー。

おばちゃんが焼いてくれ、はさみで切ってくれる韓国スタイル。
そしてキムチやナムルやケランチム(卵焼き?茶わん蒸し?)やら
いろんなものが大量についてくるのもそれ。

サンチュだけでなく、白菜やら、エゴマの葉やら、
葉っぱものが何種類も。
なかにはなんだか分からない葉っぱもちらほら。

せっかくだからとニンニク焼きも
おかわりもらってガンガン食う。
こっちでニンニク臭いに気にしないでいいもんね。

確かに美味いしい。
韓国焼き肉って雰囲気も非常に良い。
けど、雰囲気にもだいぶ影響されているような?

いやいや、大満足。
セットは1~2人前なのだが腹いっぱいになった。


結構遅くなってしまったが、
まだ南大門市場なら何かお店がやっているだろうと
行ってみるが、さすがにもう閉店。
食べ物の屋台はやっているが腹いっぱいだし。

焼失してしまい、再建設中の南大門跡地を見てホテルへ。




2日目終了。

2011.07.17 Sun 韓国 3

blog_import_4e61d4e23adc4.jpg

7月15日

今日の朝飯は『ソルロンタン』
24時間営業の『神仙ソルロンタン』へ


ここは昨日の焼肉屋に行く途中のお店。
初めて食べるソルロンタン。
牛ダシスープにゴハンを入れて食べる雑炊みたいな感じ?
麺を入れるパターンもあるらしい。
普通のと、餃子入りを注文。

テーブルの横に、牛丼屋の紅ショウガのように
キムチとカクテキが置いてある。


これも美味い!
普通のやつは牛肉多めだけどあっさりと。
餃子入りはこの餃子がでかくてうまい!

あ~、飲んだ後に食べたいなこれ。

途中でキムチを入れたりしながら
味を変えつつ楽しむ。


>満足しつつ、昨日行けなかった『宗廟』へ。
こちらも無料の日本語ガイドがある。

こちらは世界遺産。
キムチは世界遺産にはならないだろうな、多分。


その後、東大門へ。
まだ開いていない店もちらほら。
夕方くらいから本格始動なのかな?

問屋街のようなとことか
革製品とか、ファッションビルとか・・・。



その後、カンジャンケジャンを食べに
『プロカンジャンケジャン』へ。

こちらは日本にも支店が出来たほどの有名店。
つい先日かおりんぼが行ってきたので、食べ比べ。
俺は初めて。


カンジャンケジャンは『渡り蟹の醤油漬け』
生で食べるのだが、これがとろけるような質感に。

美味い!これはビールが進む!

しかし残念なことにこの店は生ビールが無い。
店員さんに、唯一話せる韓国語
『センメッチュ チュセヨ』=『生ビール下さい』が通じたが、
『○△×センメッチュ、ピョンメッチュ』
=『生ビール無い、瓶ビール』(多分)って言われた。

blog_import_4e61d4e40ce50.jpg

ちゅぱちゅぱ吸い付いてカニ肉を食べ
甲羅に残った味噌と卵とタレにご飯を混ぜて
それを韓国海苔で巻いて食う。

これが美味すぎる。

カンジャンケジャンと一緒に
カニ味噌ビビンパも頼んだのだが、
こちらも甲乙つけがたい。

いやぁ、初めて食べたけど、おもしろい食べ物だ。


その後、一応免税店を覗きに明洞へ戻り、お土産を物色。




夜は8時から『NANTA』を予約してあり、
夕飯はその後になるので、ちょいとお茶休憩。

ローカルなカフェで生クリームたっぷりのハニートーストをいただく。
コンビののバイトのような店員でさえ日本語が通じるのに
ここはなぜだか通じず、英語で会話。


一旦ホテルへ戻り、荷物を置いて『NANTA』へ。

ベタな笑いなんだけど、言葉が分からずとも伝わる面白さ。
結構客いじりもあって、ほんと面白かった。

そして、舞台が終わったあと、急いで『全州中央会館』へ。
ここは石焼ビビンパ発祥の地。
舞台が終わったのが21:30過ぎたくらい。
この店のラストオーダーが22:00。
間に合ってよかった。


頼むのはもちろん石焼ビビンパ。
それとビビン麺。

うん、石焼ビビンパ、普通に美味い。

blog_import_4e61d4e5d881e.jpg

想像を超えるものではないけど、美味い。
ビビン麺も美味しいけど、こっちはもっと辛くてもいいんだけどな~。


食道楽目的のこの旅行、
かおりんぼの下調べのおかげでメシのハズレ無し!

2011.07.18 Mon 韓国 4

7月16日

さて、最終日。
フライトは19:00、ホテル出発が16:00
レイトチェックアウトが14:00

今日の予定は汗蒸幕(ハンジュンマッ)と垢すり。
特に予約するつもりもなかったけど、
行きのホテルまでのワンボックスの中で
ガイドさんに聞いたら、土曜日なら予約しておいた方がいい
とのことで、その場でお願いする。

10:00からスタートで、クーポンで食事がつくので
それを朝飯のあてにして、早めに行く。

オプションを設定し、料金を払い、チケットをもらって
同じビルのレストランへ。

石焼ビビンパとアワビのお粥もいただくが
どちらも普通・・・。

というか、ここのを食べて、初日のお粥と
昨日の石焼ビビンパがいかに美味かったかを実感。



さて、汗蒸幕へ。
それぞれ分かれてロッカールームへ。
『ジェンブヌイデッ』
『コレニキガエテッ』

で、汗蒸幕に案内される。
大きなカマクラのようなサウナで、
かなり高温なので麻の布をかぶって入る。
他の男女4人組と一緒に入る。

4人組が先に入るのだけど、
入口で一人は引き返すほど熱いらしい。
楽しみだ。

4人が入った後、2人追加で入る。
おぉ!確かに布をかぶっていないとかなり熱い!
これはすごいぞ!


って思っていたのだけど、なんだか慣れてきた?
取り合えず顔を出す。
あれ?いける?布を全部とる。
あ、いけるいける。
汗もたっぷり出てくる。

って、誰も布取らないし、顔すら出さない。


4人組が先に出て、かおりんぼも先に出る。
まだまだ行けると思っていたら、外からおばちゃんが出ろと合図。

あれ?もう終わりなの?
外に出て冷たいおしぼりをもらう。
まだ行けたのにな。

って思ったらもう一回入れるみたい。
今度は入ってすぐ布をとる。

一緒に入っていた兄ちゃんが
『顔出してて大丈夫ッスか?』
「なんか慣れたみたい」
『慣れるのかなぁ・・・』
と、顔を出すが『やっぱ無理だ』と出て行った。

歳をとるっているのはこういうことも差が出るんだな。
ジイさんがあっつい風呂に入るのと一緒だな。



その後、薬草風呂へ。
タオルも無しにみんなマッパ。

パンツいっちょのアカスリおじさんに指示され
ベットに寝ころぶ。

一応股間にちょいとタオルを載せてくれた。
『ヨコムイテッ』『ウチュブセッ』とくるくる回され
ほんと全身くまなくアカを擦られた。

最後にシャンプーまでしてもらい終了。
スッキリ!

次はマッサージへ。
これがかなり強め。

体重かけてグイグイ来る。
最終的には体全体を踏まれる。

なんだか、すっきりしたけど、
たっぷり2時間居て疲れちゃった。


ホテルに戻り、荷作りし、チェックアウトして
荷物を預けて昼飯へ。


昼飯は『明洞餃子』へ。
blog_import_4e61d4dbcd675.jpg

明洞に2店舗あるのに(歩いて1~2分の距離)どちらも行列。
ここも観光客だけでなくローカルも大勢いる。
でも、ファストフードなので回転がいい。

メニューも4種類しかない。
そのうちカルグッス(うどん)とマンドゥ(餃子)をオーダー。


行列が納得の美味さ!
ベタな美味さだけど、これもう一回食いたい。
美味いわ~。

最後の最後までメシのハズレ無し!
食道楽の旅大成功だな。


その後、集合時間までぶらぶら。

そこで、今回一度も食べていない
トッポギを食べてみようと屋台の大きくなったような店へ。

blog_import_4e61d4ddb8e49.jpg

トッポギを頼むと、スープもついてきた。
これってローカルはいつ食うんだろう?
結構な量だけど。


あ、辛い!
今回の旅行中一番辛い!

チゲとか食えばこういう辛さがあるんだけどな。
夏はチゲって感じじゃないからな~。

さて、ホテルに戻ろう。




また2時間弱、飛行機に乗って帰国。

blog_import_4e61d4df9df6b.jpg

また来てもいいなぁ韓国。
こっちで本場のサムギョプサルも食べてみたいし、
ちゃんとしたチゲとか食べたいし。
ソウルタワーもカジノも行っていないし、
なんせ近いのが良い。



しかし、帰国後の日本が暑すぎる。

2011.07.26 Tue いろいろあった週末

blog_import_4e61d4d77ff98.jpg

土曜日はゆきんこ宅に遊びに行った。

駅まで迎えに来てくれたモン太郎。
新幹線のTシャツを着ていたので
『これなに?』って聞いたら
『にひゃっけー』

???
新幹線じゃないの?

『にひゃっけー』=『200系』らしい。
すごいな子鉄。



家に着いても
『えぬ』=『N700系』
『ごひゃっけー』=『500系』
と電車のおもちゃがいっぱい。

プラレールで遊ぶ。
『山手線遅い』というので、
新幹線と比べての話かと思ったら
『電池が無い』ってさw


モエ・シャンのグラン・ヴィンテージ2002という
箱入りの美味しいシャンパンと
ゆきんこさんの手の込んだ料理をいただく。

かおりんぼさん見習ってください。


やはりホームのモン太郎は元気で
『KO-TAくん』と名前を覚えてもらい
汗でしっとりするまで遊んだ。


その後かおりんぼは緊急帰省。

一人になったので
早く寝て、日曜の朝からバイクに乗ろう。



さて、日曜日。

blog_import_4e61d4d95d78a.jpg

行先も決めずにとりあえず高速へ。
最近なんだか調子の悪いETCだが今日は問題無し。
あれ?いつも早く突っ込みすぎてたのかな?

とりあえず、関越を北上。
高坂で朝飯食いながら地図で行先決定。
神流湖→妙義→榛名に行こう。

花園ICで降りてR140→県道→R462で『道の駅上州おにし』へ。
あれ?なんだか疲れちゃったな・・・。

R140→R299で帰るか。
R140は相変わらずところどころ工事中でイマイチかな。
R299久しぶりに走ったけど、こっちから走る人は少ないのかな?

なんだかんだで11:30には帰宅。
たっぷり昼寝して、何だか一日経って朝の気分。

そしてジムへ。
気分は朝だがやはりバイクに乗ると疲れるのかキツかった。
バイセプスカールの途中でウエイト下げる羽目に・・・。
くそ。


でも、筋肉痛にはならないんだよなぁ。
あんなにつらいのに・・・。