a day in the life

ホーム > 2011年03月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.02 Wed 出張

blog_import_4e61d5701e83a.jpg

久しぶりの海外出張。
昔のように長期ではないけど。

その頃自分のノートPC持って行ってメールぐらいはしていたけど。
もしくは電話は会社から。


でも近頃、街は無線LANのスポットが増えたり
Skypeなんて便利なものができて、更には携帯から使えるなんて
何だかおかしな話にも思えるけど。



で、自分側はiPhoneがあるからいいのだけど
家PC側のためにヘッドセットを買おうと思ったら
カメラがついても大して値段が変わらないので買ってみた。



試しにやってみたら上等上等!
ちょっと楽しみ。
スポンサーサイト

2011.03.06 Sun 漆喰塗り

現在建築中の義妹夫婦の新居。


思いで作りに一部屋のみ壁の漆喰を自分で塗るとのことでそのお手伝いに。


部屋の広さは6畳程度。
ロフトがある部屋なので壁が高いが、
義弟の妹夫婦も集まって、総勢6人で作業をするので
結構、あっさり終わっちゃうんじゃない?

blog_import_4e61d56a152ba.jpg

さて、初めてで何をしたら良いかもわからずにスタート。
コテを使ってズリズリと。

やる前から根拠のない自信はたっぷりあった。
平面はまぁ、そこそこきれいに塗れた気がする。

しかし、角が難しい!

他の部屋のプロの仕上がりを見るとなんてこんな丸く仕上げられるの?

おかしい、何か専用の道具でもあるのか?
どこをどうやっても丸くならないぞ。

四苦八苦しながら何とか体裁を整えるが納得いかーん。


途中、施工主のLEONさんが様子を見に来て写真を撮っていく。
その様子がこちら

総監督の俺は決してサボっているわけではない。



一旦昼飯休憩。


その後、漆喰の缶の説明書をよくよく見てみると
『綺麗に塗るには2回塗りが良い』とか『練れば練るほど柔らかくなる』とか
ちゃんと読んでから始めればよかった。


午後に手がけた窓の上なんて更に難関。
上に向かって塗るのは難しすぎる。
そこがまた角になって壁に回り込んで
って・・・。


7~8割終わったところで漆喰がなくなり終了。
あとは義弟が明日仕上げるでしょう。がんばって。

blog_import_4e61d56badc21.jpg

もっとうまくできると思ったのにな~。
悔しい。



帰りはせっかく湘南方面へ来たので七里ヶ浜のbillsへ。

blog_import_4e61d56d60597.jpg

海を見ながらパンケーキとホットチョコをいただく。


夜に来ても海が真っ暗でいまいちだな。
朝食だったら最高だろうな。

2011.03.13 Sun 地震

blog_import_4e61d567b5d37.jpg

11日の金曜日。
外出直帰だった為、髪の毛を切りに行こうと、いつもの床屋へ。

すると一時間位待つとのことだったので一旦家に帰ることにした。


途中本屋をちら見して、外に出る。

ん?周りが騒がしいが・・・?

お?地震か?
おぉぉぉぉ?すごいぞすごいぞ!

ちょうど消防署の前で、消防署内の緊急警報みたいなのが聞こえる。

ふと、視線の先のファミレスの看板がぐらぐら揺れてると思ったら砕け散った!

えぇっ!そこまでの揺れ?
怖くなって自分の上を見上げた。

何もなくってよかった。


人々がどんどん建物から出てくるなか、いそいそと家へ急ぐ。


家に着くと、大きな被害はない。
小物がちょいちょい落っこちていただけ。


TVを点けてニュースを見る。
すると第二波が!

こりゃ大変だ。
今日は直帰で本当良かった。

これはもう電車は動かないと判断し、車でかおりんぼを迎えに出発。

都内へ向かう道はさほど混んでいる印象もない。

首都高は封鎖中。
その下を通るのはちょっと怖い。


当のかおりんぼからは無事とのメールが一度来たきり。
こちらから何度もメールを送るが返信無し。
通話も試みるがさっぱり。

まぁ、行けば何とかなると思い、なんとか勤務先へ。

着いたはいいが連絡取れず。
仕方がないのでひたすら待ち・・・。


奇跡的に通話がつながり、やっと合流。

しかしここからが大変!
帰りは大渋滞!!
歩道も怖いくらいに人があふれてる。

なかにはおそろいのヘルメット、おそろいのスニーカーの人々も。
大企業なのかな?
しっかりしてるな~。


途中、コンビニに寄るも食料は無し。
お菓子ばかりを買い込み、トロトロ運転。

結局家に着いたのは日付が変わる直前だった。
16km位の道のりを4時間超。
歩くのとさほど変わらんか?


いや~、長い一日だった。


一晩明けてみたら早朝に長野・新潟が震源の別の地震が起きたとのこと!

びっくりして実家に連絡するが大丈夫だった。


海沿いは津波。山沿いは雪崩。埋立地は液状化現象と来たもんだ。


関東平野は安全か?

被災地の状態を見ると安全な所なんてどこにもないな。

被災地の方々には本当に心よりお見舞い申し上げます。


偶然にもこの時間、東北新幹線に乗っていた友人家族
ついさっき、やっと帰宅できたとのこと。

その昔、スキーしに行った岩手の友人の親御さん宅。
仕事先から避難所に行くことになったらしいが、無事に帰宅できたとのこと。

これだけのなか、無事で何より。




この地震で分かったこと。

地震後の津波。
完全になめてた。
地震の後の津波なんて数10cmでしょ?
なんて思っていたのに車がミニカーみたいに流されて・・・。
それが海から10kmも離れたとこまでくるなんて。


そしてtwitter!
この地震が起きてから何度もtwitterを見るが一向に落ちる気配無し!

twitter繋がりの友人の無事はすぐに確認できたし
かおりんぼがtwitterやっていればすぐに連絡がついたんだろうな。
強いぞtwitter!


そしてこんな状況の中、自分のできることをしようと
『smile』というタイトルで笑顔を30以上送り続けた漫画家の井上雄彦


とりあえず、うちにもできることを、と思い、
Yahooの壁紙を買って募金を。


両親の携帯も早々にスマートフォンに買い替えてもらおう。
そして携帯にskypeとtwitterを入れさせよう。

これで連絡がつかずにもやもやすることもないだろう。




さて、明日から通常営業だ!

と思ったら、計画停電??
これって地域をまたぐ電車とかってどうなっちゃうのかな?

明日会社に行けるのか?
そして出張へは行けるのか?
つーか行くのか?

2011.03.14 Mon 今日は

朝から通勤に使う電車が動かず、
会社からも自宅待機との連絡。


第3グループの我が家も
停電は今のところ起きていない。
東京電力ががんばっているのか、
その計画を聞いて
みんなが節電を心掛けているからなのか。


さて、健康なのに休みというのもなんだか落ち着かない。

常日頃語っている
『設計は、いつでもどこでもできる』
と言うことを証明しなくては!


好きな言葉と言うか、
言いえて妙と言うか、
その昔、俺が入社したての新人の頃は
一人一台のCADなんて考えられず、
会社に数台が当たり前。
あいている時間を見計らって図面を描く。

確かその頃に見た、
設計がらみの本のタイトルだったと思うんだけど
『CADの前で考えるバカ』
ってのがあって、内容は読んでいないのだが
まったくもってその通りだ!
って思ったんだよな~。

要は『設計は、いつでもどこでもできる』ってことなんだけど
(だと勝手に解釈したんだけど・・・)
アイキャッチが良かったのか、何だか気に入っているこの言葉。

実際、その仕事が好きな人って、
会社に居る時だけじゃなく、いつだって考えてるよね。
で、普通の経験を仕事に繋げてるよね。

我社の常務なんかはそんなタイプで
朝一でいきなり呼びつけられて、何かと思えは、
『あそこの構造こういうのはどうだ?』
って来たりする。


そうありたいもんです。



と、電車が止まっているだけで
仕事を休むことに罪悪感を覚えてしまう
ワーカホリックな日本人代表は
紙と鉛筆で設計を始めることにします。

2011.03.27 Sun ドイツ出張

出張で17年ぶりのドイツへ。


Skypeの仕込みも終わり、
12時間超の長旅へ。

フォト

機内食の美味しい飛行機会社ってあるのかな?

日本の昼に出発して、その日のドイツの夕方着。
時差8時間分時間が戻る。

ホテルに着いて、夕飯へ。

フォト

フォト

コースターに書いてある線は
ビールの杯数。
わんこビールのようにストップをかけるまでどんどん出てくる。

ホテルのあるデュッセルドルフは日本人が一万人も居るらしい。
そこの日本領事館前には震災に対してこんなお供えが。

フォト


次の日、展示会会場へは電車で30分。
駅にはデュッセルドルフの文字は無く、分かりにくい。

フォト

展示会場は、幕張メッセ+ビッグサイト+パシフィコ
でも足りないくらいの広大さ・・・。
さすがこの業界、世界最大の展示会だ。

一日中歩き続けて見学。
これがあと3日続く…。

昼休みにskypeをテスト。
会場のFreeWiFiは混んでいるのか
うまく使えない。

海外パケホーダイを信じて3Gで繋ぐ。
よしよし、うまくいったぞ。



夕飯は展示会そばのケルンで。
ケルンの地ビール、ケリッシュが飲みやすいこと!
昨日のデュッセルドルフのは結構癖あり。
こっちはどんどん行けちゃう。

フォト

樽でも行けちゃう!

フォト


夜のケルン大聖堂を眺め
この日は終了。

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト


二日目。
今日も展示会場を歩く歩く。

午後に上司は打ち合わせが入っていたので一人で見学。
でも、このままだと観光する時間は皆無なことに気づいたので
ひとりで会場を抜け出し、電車に乗って、ケルン大聖堂を登りに。

フォト

フォト

でかいでかい。
入口を探して3ユーロを支払いてっぺんへ向けて登りだす。

イタリアのドゥオーモに登ったときは
かなりつらかった。
何せ階段が不ぞろいで・・・。

しかし流石ドイツ人。
階段が均一!歩きやすいぞ。

フォト

フォト

途中、鐘楼で一息つく。
その途端、鐘がゴ~ンと鳴る。
すげー音だ。

フォト

フォト

フォト

更に登り続けててっぺんへ。
しかし、昔の人は何を考えてこんなに高いものを作ったんだろう?

大聖堂を降りて、歩いて展示会場ヘ。
その際にライン川に架かるホーエンツォレルン橋を渡る。
フェンスには南京錠がびっしり。

フォト

フォト

愛を誓う橋って感じかな。



次の日も相変わらず、展示会場を歩く歩く。
そして夜はケルンの旧市街で夕飯。

フォト

フォト

フォト

フォト

空港が近いせいか、必ずと言っていいほど飛行機雲が見える。

地ビールのケリッシュは何種類かあるようで、
この夜に飲んだものもなかなか美味しかった。


さて、最終日。
今日の夜の便で日本へ。
今日も半日はてくてくと。


フランクフルトへ電車で移動。
そしてまた12時間近く飛行機に乗り
日本へ。



あ~、疲れた・・・。

時差のおかげか今日はほとんど寝たきり。
これから眠れるかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。