FC2ブログ

a day in the life

ホーム > 2010年05月23日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.23 Sun 体力か?

がっつり走るぞ!と意気込んで行ったツーリング。

『ららん藤岡』に7:30集合。
みんなに内緒で復活のハナミツキくんGSX1400と
X-4・GB1300との4台で行く。


まずは『榛名の森』
ここはいつ来ても人が居なくて気持ちよく走れる。

写真

そこから草津への入り口『大津』の交差点で
休憩&給油
あれ?朝は快晴だったのに薄曇だな。

写真

さてさて、『嬬恋パノラマライン』へ。
ここはなんだかんだで一回しか走ったことがないんだよね。

写真
写真
写真

途中写真を撮りながら進んでいたのに、
後続が着いて来ない。

・・・?


でもメールなどの連絡もないので
トラブルではないだろうと、先へ進む。

県道94で湯の丸スキー場へ
山へ向かってまっすぐ伸びる道。
荒れてるな~。

写真

みんな合流し、何で遅れたか聞くと、
X-4のナビが走行中に落っこちちゃったらしい。
外装はダメージ受けていたけど、しっかり動いていた。

そこからR18に下りて、適当なそば屋で昼食。
湯の丸に登ったら寒くなってしまったので
暖かい海老天そばをいただく。


次はビーナスだ!
R152から県道62へ。

県道62がガラガラなのでガンガン行く。
県道464の入り口に差し掛かると、
対向車線からバイクの集団が。

先に行かせると、続く続くは20台超?
すごいな。こんなに集まるもんなんだね。

集団の後について進む。
なんだかバイク専用道路のよう。


いつの間にか道の駅になっていた
『美ヶ原高原美術館』に到着。

もっと晴れれてほしかったなぁ~。

写真
写真

思ったより人が居ないな。
ここから始まるビーナスラインも
渋滞もなくスムーズに進む。

霧ヶ峰で休憩&給油。

写真

お次は蓼科を抜けてR299麦草峠へ。

ビーナスはまた新緑の季節ではないらしい。
7月くらいが良いのかな?

蓼科別荘地で少々迷ったけど、
素直に看板どおりでよかったんだ。

松原湖へ分岐のレストハウスで待ち合わせをしていたのだが、
CB1300が通りすぎて行ってしまった。

写真

しばらく携帯に連絡するが、
結局R141まで降りきってしまった様子。

追いかけて無事合流。

ここから十国峠の予定だったが、心折れ
R254で下仁田から高速で帰ろうと思って出発したが、
R141で更に心折れ、佐久より高速で帰宅。

体力がなくなったのかな~。

写真
写真

先に高速を下りたハナミツキくんが撮ってくれた写真。

写真
写真
写真

なかなか無いアングル。



途中渋滞に見舞われながらも20時前に帰宅。
あのままR299で帰ってたら何時だったかな?


しかしダートラシートはケツが痛い・・・。
あと下りのブレーキ時にケツがずれるの
どうすればいいんだろう?
スポンサーサイト

2010.05.23 Sun ジーンズ

TOMORROWLANDのファミリーセールで汐留へ。


欲しいものがない・・・。



折角汐留まで来たので、カレッタ汐留の
『鼎泰豐』で昼飯を食う。

台湾で行った小龍包が美味しいこのお店。
日本でも美味しいか?

ランチセットでいただくが、
やっぱり美味しいぞ。

少々周りが乾いた感じがしたけど、こんなもんだっけ?
ランチじゃしょうがないか?


その後、京都で行った
『祇園辻利』で抹茶ソフトを食べる。

なんだか旅行をしなくても何でも食えるんだな。




その後ジーンズを求めて原宿へ移動。
そんなにこだわりがあるほうではないのだけど。
Leeが体型になじむので、ずっとLeeばっか。

まずはウエアハウスへ。
Leeの101-Z JAMES DEAN/Limited Modelを
見てみようかと思ったら、とっくに売り切れ。

ちなみにすぐそばのEDWINショップでもやっぱり売り切れ。

そこで現行Leeを穿いてみたら、股上は浅いは、
生地とか縫い目とかなんだかピンとこない。


またウエアハウスに戻って、
今度はARCHIVES Real Vintage LIMITED 101Bを穿いてみる。
やっぱり違うな~。良い感じなんだけど、
ジッパーフライの101-Zが好きなんだよな~。
しかも28000円か・・・。

その昔、THE REAL McCOY'Sで買った101-Zは
1万円台だったと思ったんだけどな~。
学生の頃にはずいぶん高いと思っていたけど
15年も前の話か・・・。



2万円切るぐらいで良いものないかな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。